補足

ぷるち〜のの活動は予約不要です。当日、お気軽に会場にお越し下さいね。


 ママ&キッズのお役立ち情報を載せています。
 ぜひ「いいね!」を押して応援してくださいね。



11.19.2013

海外旅行中の子供の食事・離乳食のアイデア

先月、子供と一緒に初めての海外旅行に行きました。
子供は1歳8ヶ月。
ベビーフードは離乳食時代から全く食べないし、味のついたものが苦手なので大人の食事からの取り分けも難しい子です。また好き嫌いや食べにくいものが色々あって、調理や切り方に工夫が必要。さらに便秘がちなので、野菜も充分食べさせたいけど・・・
旅行中の食事は少し気がかりでした。
しかし、ぷるち〜のスタッフの先輩ママ達に沢山のアドバイスをもらい、とても参考になったので、私が調べたり実際にやってみたこともふまえて、ここでもご紹介したいと思います。

主食
・電子レンジで加熱して使えるパック入りご飯
・レトルトパウチのお粥
・コーンフレーク(味なしの小さなパック)
・オートミールやクスクス(水を加えて電子レンジで加熱)
・バナナを現地調達で
・ホテルのレストランで一緒に食べられるなら、ご飯とパンは心配なし

タンパク質
・水煮大豆の缶詰(お湯を入れて温める)
・フリーズドライの魚(離乳食用に売っているもの)
・きな粉をごはんにかけて
・チーズやヨーグルトを現地調達で

野菜、果物
・果物はバナナやリンゴなど現地調達で
・ホテルの朝食などで摂れるときに充分与える、持ち帰れる果物は持ち帰って他の時間に
・紙パックのコーン
・野菜フレーク(とうもろこし、かぼちゃなど)※日本で手に入るそうですが、シンガポールでは見た事なく、手に入るかどうか分かりません・・・

その他のアイデア
・レーズンやドライブルーベリーなど
・かつお節や海苔、すりごま
・移動時間が短ければ、家で作ったものを冷凍して保冷バッグで持って行く
・ホテルでは、ルームサービスで希望を言えば子供用に作ってくれることも(リクエストしたものを茹でて小さくカットしたりマッシュしたり)


色々な方法があるものです。
ベビーフードに頼れなくても全く大丈夫。
水煮大豆やきな粉、野菜フレークなど、素材の味だけで食べられ、切る必要もないものは、うちの子に最適でした。
他にもアイデアがあれば、ぜひ教えてください。

0 件のコメント :