補足

ぷるち〜のの活動は予約不要です。当日、お気軽に会場にお越し下さいね。


 ママ&キッズのお役立ち情報を載せています。
 ぜひ「いいね!」を押して応援してくださいね。



7.19.2014

お役立ち情報:ドレミの歌を英語で歌おう!

3歳になった娘と日本語で「ドレミの歌」を歌っていた時に、ふと「ド(Do)はドーナツ(Donut)のド。ふむふむ。レ(Re)はレモン(Lemon)のレ。あれ???ミ(Mi)はみんなのみ。思いっきり日本語じゃん!」と一人ツッコミをして、本家の英語の歌詞が気になったので、調べてみました。

英語の歌詞はこちらです。

Doe, a deer, a female deer
Ray, a drop of golden sun
Me, a name I call myself
Far, a long long way to run
Sew, a needle pulling thread
La, a note to follow sew
Tea, I drink with jam and bread
That will bring us back to do.
ドはディアー メスの鹿
レ(レイ)は雫 光り輝く太陽の
ミーは名前 自分を呼ぶ名前
ファーはずっと遠く
ソーは針と糸
ラはソーの次
ティー(シ)は紅茶のお供にジャムとパン
さあドに戻りましょう
*参考資料:http://www.worldfolksong.com/kids/song/doremi.htm 

日本語の歌詞と随分違うのがわかりますね。

そして、wikipediaで詳細を調べてみると、日本語歌詞にもいろいろバージョンがあるようです。一般的に知られている歌詞は、歌手であるペギー葉山さんが自ら日本語の歌詞をつけて紹介したものらしく、葉山さんは当初、全て食べ物にしようとしていたそうですが(ミはミカンなど)、「ファ」で始まる食べ物がファンタしか思いつかず、商品名になるため断念したというエピソードもあるそうです。その他の日本語歌詞は、例えば、ド:ドラム(宮本亜門版)、ド:甘いドロップ(宮城まり子版)、ド:どこまでも(九重佑三子版))。面白いですね。

個人的に「英語の歌詞を覚える」というところが、ハードルが高いのですが、 折角海外にいることですし、英語で子供と歌を歌うのも楽しそうですね。

私のように自分で歌うのに自信のない方は、こちら!只今、マリーナベイサンズ マスターカードシアターで「ザ サウンド オブ ミュージック」のミュージカルが公演されているようです。
詳しくは、Sisticまで。http://www.sistic.com.sg/events/sound0814?cid=rotational-soundofmusic


0 件のコメント :